ワキ毛の自己処理のデメリット〜自己処理は肌トラブル・色素沈着などの原因〜

ワキ毛の自己処理のデメリット〜自己処理は肌トラブル・色素沈着などの原因〜

ワキ毛は女性であればどうしても処理しなくてはいけない部位であり、放置しているという女性はほとんどいないでしょう。
ワキに生える毛は、体毛の中でも毛質が太くてかたく、どうしても目立ってしまいます。
ですから、特に夏場などは処理しなければ半袖も着られません。

 

多くの方が、カミソリなどで自己処理をしていますが、自己処理は綺麗には仕上がりませんし、お肌の健康を考えれば、実はあまりしないほうがいいのです。
まず、カミソリで剃った時に、剃り跡は綺麗になっているでしょうか。
産毛ならともかく、腋毛は太いので、毛穴から黒いポツポツが見えてしまいます。
それに、カミソリ負けして炎症を起こしたりすることも珍しくありませんし、剃ることの摩擦や肌へのダメージは色素沈着が起こる原因となります。
長年、自己処理を続けていると、いつの間にか脇が黒ずんでしまっているという女性も少ないはないのでしょうか?

深剃りが出来る剃刀だと、剃り跡は目立ちにくくできるのですが、毛を深く剃る分、皮膚への負担が大きくなってしまいます。
一方で、電気シェーバーなど浅く剃るものだと、皮膚への負担は軽くなりますが、剃り跡が目立ちやすいです。
また、浅くしか剃らないわけですから、すぐに毛が伸びてきてしまい、頻繁に処理しなければならなくなります。
剃って処理する方法は、このようなジレンマがあります。

 

では、わき毛を毛抜きで全部抜いたらどうかと思ったりするわけですが、毛抜きで脇毛全てを抜くとなると、結構な手間と時間がかかりますし、それに相当の痛みを覚悟しなければなりません。
(毛抜きで全部抜いてみようと思い立って、毛を抜き始めてみたものの、痛すぎて途中で断念した、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?)

 

それに毛抜きによる処理は、痛みの強さや手間以外にも欠点があり、ムリヤリに毛を引き抜くわけですから、毛穴に無理な力がかかって毛穴が広がってしまう原因などにもなります。
毛抜きで抜いたあとの広がった毛穴にゴミや皮脂がつまったりして、炎症を起こすことにつながる場合もあります。
このように、カミソリで剃るにしても、毛抜きで抜くにしても、どうしても肌に結構なダメージを与えてしまうものなのです。

 

それに、せっかく時間をかけて処理しても、割とすぐに元通り生えてきてしまいますので、処理を繰り返して、肌や毛穴にダメージを与え続ける事になってしまいます。
肌荒れしている所に、また処理しなくてはいけない毛が生えてきて、それを処理することを続けていると、ダメージがどんどん蓄積して汚い脇になってしまいます。

 

 

ではどうするのが良いかというと、脇に関してはやはり、サロンやクリニックでプロに脱毛をしてもらうのが良いのではないでしょうか。

 

脱毛というと、なんとなくすごくお金がかかったりするイメージがあるかもしれません。
実際にワキ以外の脱毛は決して安くはなくて、結構な金額が必要になる場合が多いのですが、脇脱毛ならそんなに費用は掛かりません。
(そんなに費用がかからないどころか、上手くキャンペーンを利用すれば、ほとんどタダ同然の価格でワキを脱毛することも可能です。)

何故、脇脱毛が安いのか?についてはこちらで解説しています。
脇脱毛はなぜ安い?安いから効果ない?勧誘される?実際は?

 

また、脱毛というと、痛かったりするのではないか?と心配されている人もいるでしょう。
脱毛の痛みに関しては、人によって感じ方はまちまちで、輪ゴムではじかれるような痛みと表現されることが多いです。
(人によっては、全く痛みを感じないというような人もいます。)

 

痛みに弱い方はちょっと辛いかもしれませんが、毛抜きで抜くのとそんなに変わらないかもしれません。
(ただ、エステやクリニックの脱毛で痛みを感じるのはほんの一瞬ですから、どちらかというと毛抜きで抜く方が辛いかもしれません。)

 

エステでも美容クリニックでも、大手であれば大体は無料でカウンセリングを受け付けていますので、まずは無料カウンセリングを受けてみて相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

おすすめランキングはこちら