サロンのワキ毛の光脱毛はどのくらい痛い?

サロンのワキ毛の光脱毛はどのくらい痛い?

女性のムダ毛処理の中でも、特にワキ毛は処理している人が多い部分です。
ワキ毛は体の毛の中でも剛毛な部分なので、カミソリなどで剃る処理だと毛根の部分はそのままで、剃り跡や毛穴が目立ってしまいます。
また、少し伸びるとジョリジョリとした感触になってしまいます。
(男性のヒゲみたい…。)
なので、処理跡が目立たないようにするには毛の根元から処理しなければなりませんが、自宅での処理の場合は、毛抜きや脱毛ワックスが利用されます。
そして、これらの処理方法の場合、無理矢理に毛を引き抜くことになるので、かなり痛みを伴いますし、肌にかかる負担も大きいです。
(抜く処理を続けると、毛穴が引っ張られて、毛穴が盛り上がったような状態になってしまうおそれもあります。)

 

それに、どのような方法にしても、自宅での処理を続けると、どうしても肌や毛穴に負担をかけてしまうので、黒ずみができてしまったり、脇の毛穴がぶつぶつと汚く見えてしまったり、ということが避けられません。
なのに自己処理の場合、処理しても処理しても、しばらくすれば元通りに毛が生えてきてしまうので、繰り返し処理をしなければいけません。

 

それに対して、脱毛サロンなどの脇脱毛であれば毛根の細胞に働きかけて、ムダ毛が生えてくる事自体を抑制する事が出来るので、繰り返し施術を受ける事で、自己処理の必要が無くなります。
自己処理をしなくなれば、皮膚にダメージを与えることも無くなるので、きれいな状態を維持できます。
そういったメリットや、安い値段でワキ脱毛を受けられるサロンなどもあることなどから、ワキ脱毛は非常に人気で身近なものとなっています。

 

エステサロンなどでわき毛の脱毛を受ける際には、気になることがたくさんあるでしょう。
(ワキ脱毛の効果は?,期間はどのぐらい通えばいい?,効果はどのぐらい継続する?,すごい安いけど勧誘は大丈夫?などなど)
ここでは、ワキ脱毛の痛みについての話をします。

 

脱毛サロンの施術は一度だけで完了するようなものではなく、何度も施術を繰り返す必要があります。
(その代わり、先ほども触れましたが、毛を生やす組織に働きかけて、無駄毛が生える事を抑制するという仕組みなので、無駄毛を減らす効果が継続します。)
なので、あまりに施術時の痛みが強いと、続けていくことが困難になってしまいます。

 

現在、脱毛サロンで行われている方法は「光脱毛」という方法が中心です。
(「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。)
この方法であれば、脱毛する部分に特殊な光を一瞬照射するだけです。
(痛みを軽減するために、冷却ジェルなどを使用する場合もあります。)

 

光脱毛の仕組みは、医療機関のレーザー脱毛とよく似ていますが、より出力が弱いので、その分痛みも少なくなっています。
痛さについては、一瞬ゴムで弾かれる程度など表現されることが一般的です。
感じ方については個人差があり、強く痛いと感じる場合もあれば、ほとんど痛みを感じない人もあります。
(肌が黒っぽいほど痛みが出やすいなど、肌の色や肌の質も痛みに関係します。)

 

最近では、使用される機器の性能も上がり、冷却しながら照射を行う、専用のジェルを利用するなどで、より痛みも抑えられるようになっています。
テスト照射を行ってくれるサロンなどもありますので、無料カウンセリングの時などに確認しておくとより安心です。
痛みに弱い人はそのことを伝えておくと、冷却や出力の調整などで、痛みを軽減する工夫をしてもらうことができます。

 

そして、脱毛当初はまだ毛が多くありますので、痛さを感じる場合もありますが、回数を重ねるごとにムダ毛も少なくなりますので、より痛みも軽くなっていきます。

 

 

おすすめランキングはこちら