脇脱毛の回数は何回ぐらい必要?(クリニック・脱毛サロン)

脇脱毛の回数は何回ぐらい必要?(クリニック・脱毛サロン)

まず、クリニックや脱毛サロンで脇の脱毛をする場合、どちらでするにしろ1回だけの施術で全部のムダ毛が二度と生えてこなくなるという事はあり得ません。
完全に脱毛が完了するまでにはある程度の施術回数を必要とします。

 

脇脱毛の場合、その回数は、クリニックであれば6回前後、脱毛サロンであれば12回〜18回程度が目安となっています。
(脱毛の効果の出方にはどうしても個人差がありますので、こういった回数はあくまでも目安と考えて下さい。)

 

脱毛にこのような多くの回数の施術が必要となる理由は、脱毛の仕組みと体毛の生え代わりとが関係しています。
ですので、先にこれらについての説明をします。

 

 

クリニックやサロンの脱毛の仕組み

クリニックの医療レーザー脱毛も、サロンの光脱毛も、仕組み的にはほとんど同じようなものです。
まず、レーザーや光を脱毛したい部分に照射して、ムダ毛の黒い色素に反応させます。
そして、レーザーや光のエネルギーが、この反応によって熱を生じさせて、その熱によって毛根の細胞にダメージを与える事により脱毛するという仕組みです。

 

 

体毛の生え代わりについて

まず、体毛は皮膚の表面に出ているものが全てではありません。
体毛の内、皮膚の表面に出ているものは全体の1/3〜1/4程度と言われていますので、表面に出ていない毛の方が多いのです。
(表面に出ている毛以外は、毛穴の奥で新しい毛を作る準備をしている段階であったり、成長している途中でまだ表面に出てきていない段階であったり、毛が自然に抜け落ちた直後で毛穴に毛が無い状態であったり、などです。)
そして、体毛は生え代わりを繰り返し、交代で表面に出てきて、常に表面に毛がある状態が保たれているのです。

 

 

脱毛の仕組みと体毛の生え代わりを合わせて考えると

これらの脱毛の仕組みと、体毛の生え代わりを合わせて考えると、1回の施術では全ての毛を脱毛出来るわけではない、という事が分かります。
(例えば、毛が無い毛穴に対してはレーザーや光が反応しないため、脱毛効果はありません。)

 

そのため、全ての毛に対して脱毛効果を発揮するためには、脱毛の施術後に生えている毛が抜け落ちてから、再び毛が生えそろうまで、間隔(一般的に2〜4ヶ月ほど)を空けて再度施術する、というのを繰り返す必要があるのです。

 

このように間隔を空けて施術を繰り返すと、次第に生える毛が少なく細くなっていき、最終的にはほぼ毛が生えないような状態にすることが出来るのです。

 

 

クリニックとサロンで脇脱毛の完了までに必要な回数に差がある理由

クリニックのレーザー脱毛とサロンの光脱毛で、ワキ脱毛の完了までに必要となる施術回数に違いがあるのは、使用する機器のエネルギーに差があるためです。

 

まず、クリニックは医療機関であるために、脱毛に強力なエネルギーを使用する事が出来ます。
一方でエステサロンは、医療機関ではないために、脱毛に使用できるエネルギーに制限があって、脱毛に使用できる機器のエネルギーが、クリニックと比較して抑えられたものになっています。

 

このため、クリニックの医療レーザー脱毛の方は、効果が出やすく完了までにかかる回数が少なくなっています。
さらに、強力なエネルギーで毛根の細胞を破壊する事が可能なため、永久脱毛が可能となっています。

 

一方で、エステの光脱毛の方は、クリニックの脱毛と比べて効果が劣るため、必要な回数が多くなってしまいます。
また、エステの脱毛では、毛根の細胞は破壊できず、ダメージを与えてムダ毛の再生能力を低下させるにとどまります。

 

 

脇の脱毛の必要な回数を他の部位と比較すると

脇毛は体毛の中でも、毛質が太くしっかりとした濃い黒色の毛ですので、レーザーや光が反応しやすく、脱毛効果が感じられやすい箇所ですので、脱毛完了までに必要となる回数はかなり少ない部類に入ります。
(二の腕や太もも、背中などに生える産毛のような質の毛は、レーザーや光が反応しにくいので、効果が出にくい箇所になります。)

 

脇の脱毛は、このように効果が出やすい部位であるというのも、脱毛が初めての方におすすめされる理由の一つだと思います。

 

 

おすすめランキングはこちら