クリニックのワキ毛の医療レーザー脱毛はどのくらい痛い?

クリニックのワキ毛の医療レーザー脱毛はどのくらい痛い?

以前に比べれば、美容皮膚科などのクリニックで医療レーザー脱毛をする人は増えています。
その中でもやはり、サロンでも1,2を争う人気部位であるワキ毛の脱毛は、クリニックでも人気です。
(若い女性にとってわき毛は、処理が必須と言ってもいい部分ですからね。)

 

エステサロンよりも脱毛が早く終了しますし、効果に永久性がある「永久脱毛」であるのも大きな魅力です。

 

そんなクリニックでのワキ脱毛の痛みについて、知っておくべきポイントが2つあります。

1.ワキは他のパーツに比べて痛みが強い
2.医療レーザー脱毛はエステの脱毛よりも痛みが強い

この2つです。

 

1.ワキは他のパーツに比べて痛みが強い

ワキの脱毛は、個人差はありますが一番痛いと感じる人が多いデリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛に次ぐぐらいに痛みが出やすい部位です。

 

その理由についてですが、クリニックのレーザー脱毛やエステの光脱毛は、無駄毛に含まれるメラニン色素(黒い色素)にレーザーや光を反応させて脱毛する方法なので、太くて色の濃い毛が多い脇毛は反応しやすく、その分痛みが強くなるのです。
※脇毛の脱毛は、レーザーや光が反応しやすいことによって、痛みも強く出やすいですが、その代わりに効果も出やすいです。
(痛みの強さと効果の高さは、コインの表と裏のような関係と言う事が出来ます。)

 

その他、ワキ毛は自己処理などで色素沈着(黒ずみ)ができてしまっている人が多いのも、痛いと感じる原因の一つになっています。
(照射されるレーザーや光が皮膚の黒ずみにも反応してしまうので。)

 

ただし両ワキは範囲が狭い部位なので、脚や腕、背中など範囲が広い部位などに比べれば施術時間が短いので、痛みを感じる時間も短くて済みます。

 

2.医療レーザー脱毛はエステの脱毛よりも痛みが強い

クリニックでは、エステの機器よりも強力な、医療用レーザー機器を用いて脱毛の施術を行います。
そのため、エステの脱毛よりも、医療レーザー脱毛の方が痛みが強いのです。

 

ただ、施術時の痛みが強い代わりに、脱毛効果も高いです。

 

※クリニックによって採用している医療レーザー脱毛用のマシンが異なりますから、最新式のマシンなどであれば、照射時の痛みを軽減しているタイプもあります。
レーザー照射部位を皮膚を吸引してのばして広げながら照射するなど、痛みを軽減するための機能がある機種もあります。

 

 

ワキ毛の医療レーザー脱毛の痛みについて

ワキ毛の医療レーザー脱毛は、毛が濃いため痛みが強いワキ毛の脱毛で、さらに痛みが強い医療レーザー脱毛ということになります。

 

まず、医療レーザー脱毛の痛みは一般的に、輪ゴムで皮膚をパチンと弾く程度の痛みと説明される事が多いです。
その中でも痛みが強めなワキ脱毛の場合には、細い輪ゴムではなく、太めの輪ゴムで弾くレベルの刺激と考えておいた方が良いかもしれません。

 

ただ、痛みが強いという事は、脱毛効果も高いということですので、ワキの医療レーザー脱毛は、永久脱毛完了までの回数が少なくて済みます。
(湘南美容外科クリニックの公式ページによると、5〜6回程度だそうです。)

 

痛みが強いのは最初の方だけ

最初のうちは毛質が太く、毛量も多いので、施術時の痛みが強く出ます。
ですが脱毛の施術によって、生える毛は少なく、細くなっていきますので、施術時の痛みも弱くなっていきます。
なので、強い痛みを我慢する必要があるのは、最初の方だけなのです。

 

医療機関なので麻酔も可能

医療レーザー脱毛を行うのは医療機関ですから、麻酔も扱うことが出来ます。
ですので、痛みに弱い人は、希望すれば麻酔を使用した上で施術をしてもらうこともできます。

 

クリニックによって違いはありますが、笑気麻酔(ガスタイプの麻酔)や、麻酔クリーム(塗るタイプの麻酔)などが用意されており、麻酔を利用すると、痛みはかなり和らぎます。

 

ですが、ほとんどのクリニックで麻酔は有料になります。

 

ただし、先ほど説明したように痛みが強いのは最初の方だけです。
なので、痛みが苦手な方でも、毎回麻酔を使用する必要は無いでしょう。

 

 

また、無料カウンセリングの時などに、テスト照射をしてくれるところもありますので、まずは無料カウンセリングを受けてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

おすすめランキングはこちら