脇のブツブツ・黒ずみの原因はワキ毛の自己処理?

脇のブツブツ・黒ずみの原因はワキ毛の自己処理?

脇のムダ毛を綺麗に処理しても、ブツブツが目立ったり、黒ずんでいたりで、ワキの見た目が悪い事に悩んでいるという人は少なくないでしょう。

 

まず、脇にブツブツが目立つ原因となるのが、ムダ毛の自己処理によるダメージです。
(カミソリなどの剃り跡が黒い点々のように見える事を「ぶつぶつ」と言う場合もありますが、その話はここでは除きます。)

 

剃刀で処理をした場合、ムダ毛だけでなく、皮膚の表面を削ってしまっている事も珍しくありません。
そして、カミソリ負けが起きてしまい赤みなどが出てしまう事も少なくありません。
ひどい場合には、傷付いた皮膚に細菌が入り込み、化膿してしまう場合もあります。
(特に、剃刀が不衛生な場合など。)
このように、剃刀によって付く傷が炎症を起こすことが原因で赤いブツブツができてしまいます。

 

また、毛抜きで処理する場合、毛を無理に引き抜くので、毛穴の周辺の皮膚が引っ張られて持ち上げられてしまいます。
そのような処理も1度や2度なら、大きな問題にはなりませんが、繰り返し行うことによって肌がもりあがってトリ肌のような状態になってしまう危険性もあります。
このように、毛抜くなどのムダ毛を抜く処理によって、毛穴の部分が引っ張られた事によってできてしまうブツブツもあります。

 

さらに、埋没毛によってできてしまうブツブツもあります。
まず埋没毛というのは、皮膚への刺激・ダメージで角質部分が厚くなって毛穴の出口をふさいでしまうなどによって、毛が皮膚の外に出られなくなり、皮膚の中で成長してしまった毛の事です。
(カミソリなどの剃る処理も、毛抜きなどの抜く処理も、毛穴付近の皮膚を傷つける可能性はありますから、両方とも埋没毛ができる原因になります。)

 

皮膚の内側で成長した毛が皮膚を押すことによってできてしまう、鳥肌のようなぶつぶつもあります。
(埋没毛を無理矢理にほじくり出すのは、肌を傷付けて出血する場合もあるので、大体はやめておけば良かったと後悔します。なので、やめておきましょう。)

 

 

このように脇のブツブツは、多くが自己処理によるダメージが原因となっています。
ですので、脇のブツブツを改善したいと考えた場合、最も良いのが自己処理をやめてしまう事です。

 

ですが、自己処理をしなければ、常にムダ毛が生えている状態となってしまいます。
冬場はどうにかなるとしても、暖かい季節になってくると、それは難しいでしょう。

 

望ましいのは、脱毛サロンや美容皮膚科などのクリニックでワキの脱毛をして、ワキ毛の自己処理をせずにすむ状態を作る事です。
脱毛は高い、というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、現在ではその値段は下がってきています。
特に、脇脱毛の場合には、キャンペーン等を利用すれば、とても安く施術を受けられる事が少なくありません。

 

ですから、ブツブツのない綺麗な状態の脇になりたいと思うのであれば、脇脱毛を始める事がお勧めです。
(他の部位でも同様の事が言えますが、ムダ毛処理の必要性が高く、脱毛の価格が安い脇は、特に脱毛をすることをおすすめします。)

 

ただ脱毛は、施術を受け始めてすぐにムダ毛が無くなる・生えなくなる訳ではありません。
ある程度の回数・期間が必要になるということは覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

おすすめランキングはこちら